北海道アーチェリー連盟規約

 

第1章 名称及び事務所

第1条 北海道アーチェリー連盟(以下「本連盟」という)と称し、事務所を札幌に置く。

 

第2章 目的及び事業

第2条 本連盟は北海道のアーチェリー団体の統一機関であり、アーチェリーの健全な普及と会員相互の親睦を図ることを目的とする。

第3条 本連盟は社団法人全日本アーチェリー連盟及び財団法人北海道体育協会に加盟する。

第4条 本連盟は第2条の目的を達成するために次の事業を行う。

(1) 北海道内の競技会の開催並びに後援

(2) アーチェリーの研究並びに指導

(3) 加盟団体相互の連絡

(4) その他本連盟の目的達成に必要な事項

 

第3章 組    織

第5条 本連盟は北海道内のアーチェリー団体(以下「加盟団体」という)を以って組織する。

 

第4章 役    員

第6条 本連盟に次の役員を置く。

(1) 会長         1名

(2) 副会長     若干名

(3) 理事長       1名

(4) 副理事長    若干名

(5) ブロック長      4名

(6) 事務局長      1名

(7) 常任理事    若干名

(8) 理事       若干名

(9) 監事         2名

第7条 会長、副会長は理事会で推挙する。

第8条 常任理事は理事の中から選出する。

理事は加盟団体より1名、及び会長指名による者とする。

常任理事および理事は理事会を構成し会務を処理する。

理事長、副理事長、ブロック長、事務局長は常任理事の中から理事会において選出する。

第9条 監事は理事会の議を経て会長が委嘱する。

 

 

10条 会長は本連盟を代表して会務を統轄し、理事会の議長になる。

11条 副会長は会長を補佐し、会長事故ある時はその職務を代理する。

12条 理事長は理事会の定めに従い会務を執行し、常任理事会の議長になる。

副理事長は理事長を補佐し、理事長事故ある時はその職務を代理する。

ブロック長は地区を代表し、加盟団体を掌握し会務の執行を分担する。担当地区はこれを別に定める。

事務局長は事務局を統轄し、事務局には総務部、渉外・広報部を置く。

13条 監事は本連盟の会計を監査する。

14条 役員の任期は2年とする。但し、再任は妨げない。

補欠する役員の任期は前任者の残任期間とする。

15条 本連盟に特別顧問、相談役、顧問、参与を置く事ができる。

特別顧問、相談役、顧問、参与は理事会の議を経て会長が委嘱する。

特別顧問は重要事項につき会長の諮問に応ずる。

相談役は重要事項につき相談に応ずる。

顧問は重要事項の諮問に応ずる。

参与は会議に出席して意見を述べることができる。

 

第5章 会    議

16条 本連盟の会議は理事会とする。

17条 理事会は年1回会長が召集する。但し、会長が必要と認めたとき、若しくは 、理事の三分の一以上から会議の目的事項を示し、請求した場合はすみやかに召集しなければならない。

18条 理事会は本連盟の決議機関であり、本連盟の重要事項を審議決定する。

次のものは理事会の議を経なければならない。

(1) 予算及び決算に関すること。

(2) 事業計画に関すること。

(3) 役員の改選に関すること。

(4) 規約の制定及び改正に関すること。

19条 常任理事会は、会長、副会長、および常任理事を以って構成し必要に応じて会長が召集する。

但し、常任理事の三分の一以上から会議の目的事項を示して請求のあった時はすみやかに召集しなければならない。

 

20条 常任理事会は、本連盟の執行機関であり、理事会の決議に基づき会務を掌握執行する。

緊急に処理を要する場合はこれを専決することができる。

21条 会議は二分の一以上の出席(委任状を含む)をもって成立し議事は出席者の過半数(委

任状を含む)の決議をもって定める。賛否同数の場合は議長の決するところとする。

 

第6章 会    計

22条 本連盟の経費は会費、補助金,寄附金,事業収入及びその他の収入をもってあてる。

23条 本連盟の加盟団体の分担する年会費は別途理事会で決定する。

24条 本連盟の会計年度は毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

 

第7章 加盟及び脱会

25条 本連盟に加盟しようとする団体は常任理事会の承認を得なければならない。

26条 常任理事会が本連盟の加盟団体として不適当と認めたときはこれを脱会させることができる。

 

第8章 専 門 部

27条 本連盟の業務遂行のため次の専門部を置く。

専門部長、副部長、及び部員は常任理事会の議を経て会長が委嘱する。

(1) 強化部

(2) 指導部

(3) 競技部

(4)   審判部

 

第9章 改    正

28条 本連盟の規約改正は理事会において出席者の三分の二以上(委任状を含む)の同意を得なければならない。

本規約の施行に必要な細則は別に定める。

 

付  則

本規約は昭和41年7月1日から施行する。

本規約は昭和49年4月1日から施行する。

本規約は昭和57年4月1日から施行する。

本規約は昭和60年4月1日から施行する。

本規約は昭和62年4月1日から施行する。

本規約は昭和62年12月13日から施行する。

本規約は昭和63年4月1日から施行する。

本規約は平成4年4月1日から施行する。

本規約は平成6年4月1日から施行する。

本規約は平成18年4月1日から施行する。

本規約は平成21年4月1日から施行する。